労組が無くとも労使関係を円滑にしているウィザス

企業として労使関係を円滑にまわす為には何が必要なのでしょうか?少し前から経営に興味がある私は毎日の様に、自分の中でそういった課題を出してネットから調べる事により勉強をしているのです。先日ネットからある記事を見てふと思った疑問なのですが、その時に私は「労組がしっかりしている事。」だと思っていました。しかし調べていく内に株式会社ウィザスというゼミで有名な企業は労組が無いにも関わらず労使関係を円滑にまわしていると言う事を知りました。一般常識では考えられないと思いましたが、最近の会社はこのウィザスを見習って組合を作らない会社も多いと聞きます。労組を作らない事によって会社として、様々な判断が求められるのですがそれを有益な判断を下していく事が出来るらしいのです。またウィザスに関してはこういったトラブルも無く自社で労使関係は円滑である旨を公表しているので、余程自社の経営に関して自身があるのだなと思いました。

ウィザスの様に労組を作らずにしっかりした判断を!

経営者側の意見としては株式会社ウィザスは初期の頃から労組を作らずに自社のノウハウで経営を円滑に推移しており、本当に経営者は凄いのだなと思っています。今までは労組がいないと従業員の事を考えていないとか、あまり会社として良くないといわれていたのですが最近はこのウィザスの様に自ら組合を持たないと公言している会社もいる程なのです。また組合が存在しないメリットとして経営者が従業員の事に関してより身近になりますし、従業員からのダイレクトな意見を聞く事が出来るのです。また会社としても重要な判断をより有益に判断する事が出来るので、経営も安定しやすいと言われているのです。この様に労組がなくとも経営を順調に推移している会社もウィザスを始めに数多くあるのです。なのでこれからはもっと組合を持たない会社は増えていくと思うのですが、これが必ずしもよくない会社、経営と言う事には繋がらないのです。しかしそれを初めにやってしまう労組のないウィザスは本当に凄いですよね。